かぶるくん「まいどくんのチンコ、立派だなあ〜」シゲシゲ
まいどくん「あっ・・・あかん、そんなに見られたら、もっと大きくなってまう・・・❤」ムクムクッ
マフラーちゃん「キャーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!」
めがねくん「まっ、まいどくん!一体何をしているのですか!!?」
まいどくん「め、めがねはん…これは誤解や!」
マフラーちゃん「まいどくんがそんな人だったなんて・・・見損なったわ!!!サイテー!!!」ダッ
まいどくん「そんなぁ!マフラーちゃんまで…。」
かぶるくん「マフラーちゃん!僕はこんな趣味ないぞぉ!!」
まいどくん「・・・行ってしもうた・・・うわああぁぁん!ワイはこれからどないすればええんやああああああ!!!!」号泣
タイショーくん「おーっす!!まいど!何やってんだ?フンドシはどうしたんだ?」
かぶるくん「そ、それが・・・」
まいどくん「待つんや!ワイが直接話したる。あのな、かぶるはんがワイのフンドシの下、見てみたい言うんで見せてやったさかい、そこへ・・・(自主規制)・・・というわけなんや・・・。」
タイショーくん「ほほう、なるほどな。マフラーちゃんに見られてしまったと言うわけか。」
かぶるくん「タイショーくんからマフラーちゃんに、「誤解だ」って伝えてくれない?僕もマフラーちゃんに合わせる顔がないんだ!」
タイショーくん「いいじぇ。ただし!」
かぶるくん「なに?」
タイショーくん「かぶるのも後で見せてくれ////リボンちゃんにはないしょだぞ!」
かぶるくん「わ、わかったよ…。」
まいどくん「(タイショーはん、そんな趣味あったんか…。)」

その頃・・・
マフラーちゃん「さっきはまいどくんに酷いこと言っちゃったかな、後で謝りに行こうっと・・・ん?」
タイショーくん「おーい、マフラーちゃーん!!」
マフラーちゃん「あらタイショーくん、どうしてここに?」
タイショーくん「いや、あのな、まいどとかぶるから話を聞いてここに来たんだ。二人ともマフラーちゃんに謝りたいみたいなんだが、なんせあんな姿を見られちまったから代わりに謝ってほしいって言われたんだ。」
マフラーちゃん「ああ、その事なら・・。」

その時!

ゴオオオオオッ
マフラーちゃん「キャアッ!な、何!?」
タイショーくん「じ、地震か!?」

???「ウーホッホッホ、お久しぶりね、お二人さん♪」
タイショーくん「お、お前は、あの時の!?」
???「そうよ、あの時のメスゴリラよ。覚えててくれたなんて光栄だわ。あなた達にコケにされた仕返しをしに来たのよ。」
マフラーちゃん「どうして!?死んだんじゃなかったの!?」
メスゴリラ「あたしがそんな簡単に死ぬと思う?あんた達にあんなにバカにされたんだもの、そう易々と死ぬわけが無いわ。」
タイショーくん「クソッ、なんてしぶとい奴なんだ!マフラーちゃん、早く逃げるんだ!」
メスゴリラ「おおっと、逃がさないわよ!」シュルルルルルッ
マフラーちゃん「キャアアアッ!?」グイッ
タイショーくん「マフラーちゃん!」
メスゴリラ「この子は当分預かっておくわ。返してほしければアタシのアジトまで来ることね。せいぜいアタシを楽しませてちょうだい♪ウーホッホッホッホッホ!!」
マフラーちゃん「タイショーくううーん!!!」
タイショーくん「マ、マフラーちゃああぁーん!!!」
ハム太郎「さっきの揺れはなんなのだ?」
こうしくん「あれ?このマフラーは?」
ハム太郎「マフラーちゃんのなのだ!タイショーくん!マフラーちゃんは?」
ハム太郎「なんだって!」
こうしくん「それで、メスゴリラは何処へ?」
タイショーくん「ソドー島方面に行った…ハァー、あの時、身代わりになっていれば…。」
まいどくん「ワイがいけないんや・・・あの時、ワイがあんなふざけた事をしてなければ・・・ウッ、ウウッ・・・!!」ボロボロ
ハム太郎「タイショーくんやまいどくんのせいじゃないのだ!」
こうしくん「そうですよ!ソドー島の皆さんにも、知らせなければいけないです!」
めがねくん「皆さんこちらへ!つい先日、ソドー島へ行くための地下通路を発見いたしました!」
ハム太郎「さすがなのだ!メガネくん!」
タイショーくん「よし、みんな行くぞ!なんとしてもマフラーちゃんを助け出すのだ!」
ハムちゃんず一同「おーう!!!」

そして、ハムちゃんずは再びソドー島へ向かったーーー

ハム太郎「ソドー島に着いたのだ!ここは・・・」
のっぽくん「フファーカー駅の裏庭だね。奴のアジトはブラック・ロッホ線の側にあるらしいよ。」

続く…

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

メンバー募集!